犬、猫、小動物、熱帯魚などの生体、用品販売のオールペットの専門店です。

  Home    News   武蔵野さんへ勉強に行きました

武蔵野さんへ勉強に行きました

2013年11月5日

平成25年10月17日東京に出張に行きました。目的は㈱武蔵野さんの「現地見学会」に参加する事です

IMG_1576

「現地見学会」とは、実際に現場を見させていただき、現実現場で実際に行っている仕組みを真似て、自社に落とし込むことができる見学会のことです

今回伺ったのが「現地見学会」の本家本元である㈱武蔵野さんです。

IMG_1577

今回の「現地見学会」には100名以上の人が参加しました。皆さん勉強熱心です

IMG_1581

さっそく現場に向かいます。

IMG_1603

倉庫は定置管理が徹底されていて何がどこに何個あるかわかるようになっています。作業効率化の為に定置管理は必須です

IMG_1601

実際の現場で使用している売り上げの見える化です。このように数値を管理しているので進捗が一目でわかります

IMG_1642ごもっともです。

IMG_1583

意外にこのようなところをおろそかにすると事故につながります。組織の人数が多くなればなるほど同じような認識を共有しないといけません。この方法はいろいろと応用できます

IMG_1635

実は一番気になっていたトイレですが、流石というかあまりにもきれいです。「徹底する」というのはこうゆうことなのかもしれません勉強になります

IMG_1616

私たちも現実現場で使用している「実行計画シート」。こちらのクオリティーは私たちも決して負けていません。何をいつ実行するのか?このシートなしには営業できませんね

そのほかにもたくさん紹介したい仕組みがあるのですが、真似られると大変なんでこの辺にしておきます(笑)。仕組みを真似るのは決して簡単な事ではありません。その会社の経験値が大きく影響してきます。また、真似るレベルにもよると思います。幼稚園生が高校生の勉強を理解できないのと一緒です、年数と経験値が応用力を上げていきます

私たちは真似るのが得意だと思います。よく聞く言葉ですが「真似る」=「学ぶ」なのです。真似るということはそのまま持ってくることなのですが、それを少しずつ自分たちの色に変えていくことがなかなか難しい、すぐに自分たちの色に変えないのがミソなんです。そのまま真似て時間をかけてオリジナルにしていくのがいいんですね。このポイントが分かる人とわからない人では応用力も変わってきます

私たちの事業の一つに「経営サポート」というものがあります。今まで培ってきた経験をわかりやすく落とし込み、同じ仕組みを共有できる手助けをしていく事業です。まだまだこの事業は始まったばかりですが頑張っていきます!

カテゴリ:当社の取り組み

カテゴリ別

月別過去記事一覧