犬、猫、小動物、熱帯魚などの生体、用品販売のオールペットの専門店です。

  Home    News   ☆ペットボックス感謝祭2008の様子☆

☆ペットボックス感謝祭2008の様子☆

2008年12月24日

12/20(土)、21(日)の二日間にわたって行われた「ペットボックス感謝祭2008~鳴海先生によるワンちゃんしつけ教室~」も無事おわる事が出来ました!12月とは思えない暑さの中、たくさんの飼い主さん、ワンちゃんに集まっていただきました!ほんとうにありがとうございます☆こんなに多くの方がしつけについてちゃんと考えてくれているんだなぁと、とても嬉しく思います。ワンちゃんをきちんとしつけすることで、よりお互いの絆が深まり、そして犬が嫌いな人をこれ以上増やさない事に繋がるという鳴海先生のメッセージを、みなさん理解していただけたのではないかと思います。(^^)また次回の開催を楽しみにしていてくださいね♪(駐車場係をお手伝いしていただいた、琉球産経の金城さん、比嘉さん、猿渡物産の沖さん、テトラの松濤さん、ペットライフの多田さん、お忙しい中本当にありがとうございました!)

鳴海治先生です!先生はTVや雑誌などでも活躍されている有名な方で、困っている飼い主さんのために全国を飛び回って指導されています。先生が、「今年でペットボックスでしつけ教室を行うのが10回目」という事をおっしゃっていたので、ビックリしました!そんなに前からこうして毎年来てくださっているんだなぁと、とても有難く思いました。先生は教室が終わった後の質問コーナーでも、最後の一人の方の質問が終わるまで、時間を延長してでも聞いてくださるので、とても優しく熱心な方だなぁと思います。また来年もよろしくお願いします!鳴海先生の学校「ぱっぴーなようちえん」のHP

しつけ教室1日目~北谷~

ワンちゃんの前足を収める形で抱っこしてもらっています。前足を飼い主さんの腕にかけようと頑張っているワンちゃんは、まだ「自分が優位」と思っている証拠。ワンちゃんの前足が腕にのらないように抱っこしつづけます。首をしめるのではなく、顔、体を覆うようにして固定し、飼い主さんの心臓の音を聞かすような感じで抱っこしてもらっています。大人しくなったら優しく毛並みに沿ってなでてあげます。暴れたり文句を言っている間は離さないことだそうです!飼い主さん、ウソ鳴きに騙されないで下さいね(^^)/

仰向けにしたり、胸をもって水平に上げても、ワンちゃんは大人しく力を抜いていますか?急所である肉球をマッサージさせてくれますか?頭をなでられてもおとなしくしていますか?など、飼い主さんとの信頼度チェックを行っています。飼い主さんの手をなめたりかじったりあばれたりするのは「やめろ!」のサインだそうです。うちの子はどうですか??

先生がお医者さんの格好で注射を打ちにまわっています!(もちろん針なしです)はじめに習った前足を収める形で抱っこしてワンちゃんを固定し動かないようにしてもらっています。しっかり飼い主さんが抱っこしておかないと、注射を打つときにあばれたりしたら大変です!ワクチンや狂犬病の注射をうける時のために練習しておきましょう!白衣が嫌いなワンちゃんが多いので、先生がちょこんと注射をワンちゃんに触れるだけで、困った顔をするワンちゃんがたくさんいましたよ~(笑)本当の予防注射も必ず受けてくださいね!!

 

途中ワンちゃんと一緒に行うゲームをしました!時間内にお座りが何回出来るか?隠したおやつを食べられるか?など頭を使うゲームも取り入れられていて、みんな楽しそうでした!

頑張ったワンちゃんには景品が贈られました☆よかったねぇ♪中身は何が入っているのかなぁ?さっそくニオイチェックをするワンちゃんも(^v^)こういう風に飼い主さんも楽しんで、しつけが出来たらいいですよね。さっそお家でもやってみてはいかがですか?

しつけ教室2日目~那覇~

しつけ教室の最終日は那覇店で行われました。毎年最終日の最後の部はたくさんの人がいらしてくれるのですが、今年も席が足りないくらいの大盛況でした!たくさんのご参加ありがとうございます!ただ、しつけ教室の間は駐車場も満車で、普段のお買いが出来なかったという他のお客様に対しては本当に申し訳ありません。わざわざ駐車スペースが空くのを待ってまで、買い物をしてくださったお客様もいらして、ご協力いただき本当にありがとうございました!こうして一つのイベントを行うにも、たくさんのみなさんの協力の上に成り立っているのだと改めて感じました。鳴海先生をはじめ、参加された飼い主さん、ワンちゃん。駐車場係を手伝っていただいた業者のみなさん、そしてペットボックスに来店されてお客様すべてにスタッフ一同心から感謝しております!!今後ともよろしくお願いします。

しつけ教室の間、ワンちゃんの行動に困っている飼い主さんがいたら、飼い主さんに確認をとってから先生が実際にそのワンちゃんをしつけのモデル犬として扱います。同じことをやっているのに、先生にかかれば、さっきまで元気いっぱいにあばれていたワンちゃんも、ピタッとお利口さんに大変身!なにか特別な魔法をかけているんじゃないかと思うほどです。吠える、甘噛みなどの困った行動も、ワンちゃんが悪いのではなく、実は私たち飼い主の教え方に原因があるんだと改めて勉強しました。それと同時にうちの子に申し訳ない気持ちです・・・。

一日目と同様にワンちゃんとの信頼度チェックを行っています。10秒間見つめあうことができますか?マズル(口の部分)をつかんでも嫌がったりしませんか?また、しつけにおいて重要なポイントのひとつ、それは「ほめる」という事。しつけ=叱るというイメージを持っている方もいると思いますが、鳴海先生が教えるしつけは「ほめる」しつけ。他の犬が吠えてもつられて吠えなければほめる。爪の先など嫌な部分を触られてもおとなしくしていたらほめる。など、当たり前にやっていることに対しても良く出来たとほめる事が大切です☆

飼い主さんのマナーについても勉強しました。世の中には犬が嫌いな人や苦手な人がいて、その原因は犬の糞尿、鳴き声、抜け毛、放し飼いといった事があげられています。これはみな、私たち飼い主がきちんと対処しておけば、これ以上犬が嫌いな人を増やさずにすむということ。そのためには→お散歩バッグは必ず持ち歩く・・・ウンチだけでなく、オシッコもシーツやペットボトルに入れたお水や消臭剤を使ってきれいにする。抜け毛の配慮・・・盲導犬に洋服を着させるのは、役60%の抜け毛の飛散が防げる為。毛のアレルギーの人もいるので、抜け毛がついたお布団などは必ず掃除機などでとってからほすようにしましょう!犬の気持ちになって、環境を整える・・・サークルに巣穴(クレート)を作ってあげて、ワンちゃんが安心していられる空間をつくる。そしてこれからの時代は刺激の少ないお家の中で飼ってあげることをおすすめします。ご近所へ愛犬の紹介・・・これは一言あいさつするだけで随分かわるそうです。そうする事でご近所トラブルも未然に防げるはずです。

最後にしつけ教室に関するアンケートにご協力いただいたのですが、ほとんどのみなさんが、今まで間違ったしつけをしていたという意見をおっしゃっていました。天使のようなあまりのかわいさに、ついつい甘やかしてしまい、ワンちゃんの思い通りのままにさせている方が多いようですが、気づけば吠えたり、噛んだり・・・と飼い主さんを困らせるデビルちゃんに変身してしまっているようです(苦笑)ワンちゃんと共に仲良く暮らしていくためにも、きちんとしつけをしながら、まずはワンちゃんと飼い主さんの信頼関係を築き、そして社会の一員として育てることが大切ということですね!今回のしつけ教室で学んだ事さっそく実践して、ワンちゃんからも社会からも信頼出来る飼い主を目指して頑張っていきましょう!!

カテゴリ:新着情報

カテゴリ別

月別過去記事一覧