犬、猫、小動物、熱帯魚などの生体、用品販売のオールペットの専門店です。

  Home    News   行動科学マネジメント研修 第1回

行動科学マネジメント研修 第1回

2008年12月16日

平成20年12月8日(月)AM7:00~PM12:00

株式会社ウィルインターナショナル代表取締役社長 「石田 淳」氏を講師に招いて、第1回目の研修を行いました。“人の上に立つ者のキーワード「行動科学」”というものを今回の研修で学んでいくことになったのですが、はじめこの研修を受ける事を聞かされた時「行動科学って一体何?」というのがみんなの正直な感想でした。しかし研修を行う前に石田社長の「やる気を出せ!」は言ってはいけないという著書を読み「行動科学」とはどういうことかある程度頭に入れての参加だったのと、初めて習う私たちにもとても分かりやすく説明していただいたので、5時間と長い時間だったのですがとてもあっという間で、そしてとても充実した時間を過ごすことが出来ました。

講師の石田淳社長です。上場企業独立後、渡米し、アメリカのビジネス界で絶大な成果を上げている「行動科学マネジメント」を学び、帰国後日本企業用にアレンジし企業の社内研修を活動的に展開されているそうです。研修は大企業の何百人という人数から3人という所まで、人数関係なく行っているそうです。

 

 

◆研修◆

始めは私たち一人一人の自己紹介を行いました。しかもプライベートな事を話してという事だったので、そういう話はなかなかスタッフ同士でも聞く機会がないので、とても興味深くおもしろかったです!男子陣はだいたいがメタボになっているという話をしていました(笑)この楽しい自己紹介をさせるという事にも意味があり、緊張した状態からすぐに研修内容に入るのではなく、こうして一度リラックスした状態から始めるようにしているという事でした。おっしゃる通りでその場の雰囲気がとても良くなり、自然な感じで研修に入れたと思います。

上司やリーダーが部下に対して抱く疑問「なぜ、部下はやる気をだしてくれないのか?」「なぜ、決めたことが続けられないのか?」という“人ができない理由”やそれをできるようにするにはどうしたらよいか、また「行動とは?」などといったことを学び、4、5人に分かれたグループ内でテキストの練習問題を解きそれを発表したりしました。初めて知ることがたくさんあり、とても勉強になりました。また次回の研修がとても楽しみです!

◆感想文◆

朝7時からの研修は武蔵野で体験した早朝勉強会以来だったと思いますが、そんな時間をすっかりと忘れさせてくれるほど内容の充実した研修でした。学んだことは、いままで「具体的」=やるべき行動を明確にすることはわかっていたとは思いますが、「何をしないか」は決めていなかったように思いました。
「やることがふえる」「書くことが多くなった」「会議が多い」などいままでのスタッフの意見・提案を思い返してみると当てはまることがあったなぁと、改めて気づかさせられました。今後は「何をするか」「何をしないか」の両方を具体的に考えて行動してきます。「行動分解」は日頃直面していることとまったく同じで「こんなの常識でわかるだろう」は伝わらない「小学生でもわかるように見える化すること=再現性」が大切なんだと自分自身が分かっていなかった部分でした。セルフマネジメントについては、前提に「たった1日5分の継続ができないのが人間」としっかりと先行条件があることでどのように行動するかがポイントだったと思います。①一人ではやらない(仲間をつくる) ②スモールゴールをたくさんつくる ③徐々に変える(激しいものは続かない) ④1日の行動が目にみえるようにする といったようにすごくいいヒントが得られました。 
「人ができない理由」①やりかたがわからない ②やりかたはわかっているが継続することができない 以上を仕事や子供の教育にもつなげていきたいと思いました。
いつもそうですが今回も本当に身になる研修をGETしていただいた社長と一緒に研修をうけているスタッフへありがとうございます。 仲宗根立昭

今回の研修をうけて自分の中の常識が覆されたのが、「仕事の指示を出す際には具体的に伝える」というところでした。立場上スタッフに対して仕事の指示を出すことが多く、指示しても出来ないスタッフに対してはいつも叱ってばかりでした、しかし出来ないのは自分の指示が具体的ではないということがわかりました。自分は今までスタッフが自分で考えて行動できるようにあえてあまり具体的に指示をださなかったりして、自分で気づいて仕事をしてもらえるようにやっているつもりでした、今回この研修をうけて部下を成長させる為の方法が間違っていたと気づきました、その人のレベルにもよると思いますが、指示を出す際は具体的に伝え、また、必要なら一緒に仕事を行い覚えてもらうのが1番良い方法だとわかりました。もちろん全部のことを細かく教えていたらいつしかそのスタッフが考えない人間になるかもしれません、任せるべきことは信じて任せて、あまり口出しはせずに、方向性がぶれたり、相談を受けた際にアドバイスできるような環境を作って行きたいと思います。仕事はたくさんのムダをどれだけ排除して効率を上げるかで変わってくると思います、でもあえてムダだと思うことをさせて本人のレベルを上げる方法もあると思います、まだまだその部分では上手に出来ないので自分も学びながらスタッフの成長ができる環境を少しづつ作っていけるようにコツコツと変えて行きたいです。会社は年齢も性別も何もかも違う人間が集まって行動しています、問題が起こったときにまず注目すべきは行動という考え方もすごく分かり易く納得できました、良い時も、悪い時も、行動を分析することで気づくことが変わってくるのだなと感じました、何事も具体的に実行していきます。 山城尚司

今回、行動科学マネジメント研修に参加して、あっという間の研修だったなと感じました。始まる前に5時間もどういうことをやるのかと思っていましたが、石田先生が「まず、自己紹介しましょうと、プライベートの事を話して下さい。」と、聞いた時に、まさか自己紹介をするとは思いもしなかったので驚きましたが、この自己紹介で社員の皆さんの事が少しわかり親近感をもつことができ、同時に緊張がとけリラックスして石田先生の話を聞くことができました。この自己紹介の仕方を今度、新人さんが入って来た時や今度の飲み会等にやってみると、さらにチームワークが良くなりそうだなと感じ実行してみたいです。他にも誰がいつどこでやっても同じ結果が出るように作業の一つ一つを写真にとり、コメントを書くことで一回の説明だけでいいので、是非まねしてみたいです。この石田先生の行動科学マネジメント研修をうけて、いかに普段の自分が具体的な言葉を言えていなかったのがわかり、だれでも実行に移すことが出来るんだなと感じました。そして、いかに部下を育てるか、また、私達は具体的な指示や行動、コミュニケーション、そして仕事をしたくなる環境をつくるか。まだ具体的にこうしていこうとは決めてはいませんが、これらをすることで離れていく人も減り、一人一人のレベルが高くなるなと思いました。まず、私にできることは部下を1度叱ったら4回褒めることを心がけ、部下にやって欲しいことを具体的に話すようにこれから始めていく。今回この研修をしていただいた石田先生、そして、この機会をつくってくださった中村社長に誠に感謝しております。また次回の研修が楽しみです。 富村あゆみ

今回の研修を受けて色々と勉強になりました。まず始めに人が出来ない理由が2つで①やり方が解らない②解っていても継続ができないか。このことは身にしみて感じました。以前にいたスタッフで自分の後輩に当たる人物もできないんじゃなくてやり方が解らなかったのだろうと思いました。また人間は1日5分のことも継続は出来ないというのも言われてみて実感がわきました。『続けれるのが才能だ』という以前に聞いた松井秀喜の名言ともつながると思う。また中村社長からも言われたことがある行動の分解などペットボトルの水をコップに注ぐ行動を分解したら27個というのも衝撃的でした。そこまで深ぼりできるんだと感じました。また仕事は『やりたくなるような環境を作ってあげるか』が重要だと学びました。またMORSの原則(具体性の原則)での明確化の部分では60秒以内に結果がないと効力が無いというのも凄く勉強になり、例のタバコをやめる話しなどは親近感があって解りやすかったです。ABCモデル分析に色々な事を入れ込んでも楽しく勉強ができました。今回も学ぶことが多くこの機会を作っていただきありがとうございます。 金城信吾

 今回受けた研修は今まで受けてきた研修に比べすごく短く感じました、やはりそれは自分が本当の意味で心から楽しんで研修を受けていたんだなと思いました。石田先生の話す言葉の一つ一つに何故そうなのかという理由が感じ取ることができ、素直に心に入ってきました。行動科学とは日本人が心理ゲームが好きなように、とらえ方によっては、変化を嫌う日本人にはとても向いているツールだと思いました。単純なようですが、人ができない理由などは、「やり方がわからない」「やり方は分かっていても継続することができない」が、挙げられますが、じゃあそれをどうした説明でき、できるようにすることができるの?と聞かれたら、今まではつい楽な、抽象的な言葉で相手に伝えてしまいもっと相手にできなくさせていたんだなと反省しました。あとタバコがやめられない、ダイエットが続かないなども行動科学で分析してみるとすごく面白く、じゃああれも、これもと分析してみたくなりました。人間が自発的に行動するためにはMORSの原則を取り入れた言葉もとても重要だと思いました、計算、観察、信頼、明確化の4つがそろっていないと人は簡単には動かない事もわかりました、これも知っていたようで、知らなかったというよりも、楽な方へ逃げていた?と言った方が良いのか、なにか自分の心に刺さる物を感じました。今までの自分の言動は、ほとんどがこれくらいは常識だろと決め付けた発言が多かったなと反省しております。まだまABCの部分などは理解できていないので次の研修が楽しみです。とにかく今できることを実行し次の研修までには何か人だけでもモノにしたいです。 宮城純

『「やる気を出せ!」は言ってはいけない』の本をあらかじめ読んでいたので、直に石田さんに講習に来ていただいて、とても驚きました。講習は全スタッフの自己紹介から始まったのですが、内容は仕事の話ではなく、プライベートな事でするようにとの事でした。今までで、こういう自己紹介の仕方はしたことがなかったので、とても新鮮で、他のスタッフの新たな一面が見れて、おもしろく、これからぜひ実践していきたいなと思いました。
いざ、講習が始まり本の内容と研修の内容も同じようなものかと思っていたのですが、また少し違っていて、久々に学校の授業を受けているような感覚になり、必死に頭を働かせて問題を解いていました。普段、私達が行っている、行動を誰が見ても分かるように、一つ一つ行動を分解し、文章で説明することの難しさを知り、人に教えることの難しさを改めて実感しました。「誰が、いつどこでやっても同じ結果が得られるかどうか」がビジネスにおける最も重要なポイントの言葉通りだと思いました。 照屋君子

 今回、自分は行動科学研修に参加して、感じたことが、今までのビジネス論と違って、かなり具体的だなと感じました。 以前専門学校に通ってた時にならった動物の行動科学にそった部分もありました。その当時、学校の先生に犬だけでなく、全ての動物に応用が効くと言われたことがあったのですが、まさか人間のビジネス論でここまで解説をして、実践できるものだちは思ってなく、かなりびっくりしました。やはり、犬も人間も行動の自発率が上がることげ、悪い過剰行動は無くすのではなく、いかに減らすということが重要かがわかりました。今までのビジネス論より、実に科学的で具体的かが、この研修を通じて感じることができました。これからの人生の中で活か
していきたいです。 名嘉座洋和

今回私は、行動科学勉強会に参加させていただきました。この勉強会は石田淳先生という講師を招いて行われたもので、石田先生は偶然にもわが社の中村社長と同級生でした。私は以前に中村社長より石田先生の「やるきを出せと言っていはいけない」という本をいただき、その本で様々な事を学びました、さらにその石田先生の勉強会に参加できると聞いた時正直言うと「朝からキツイな~」と思う反面、面白そうだし、絶対に自分のためになる!という気持ちのほうがはるかに大きかったのを覚えています。いざ勉強会に参加してみると期待以上で、まったく眠気がしませんでした。まず「新人が入った時には仕事よりも自己紹介をする事」から始まり「人ができない二つの理由」「物事を持続するためにはどうすればよいのか」など様々な事を教えていただきました、今回の勉強会で学んだことを生かしてまず自分は後輩が失敗しても、なぜできなかったのかを一緒に考えてあげられる先輩になりたいと思います。今回はこの勉強会に参加させていただいた中村社長と、遠路はるばる沖縄まで来ていただいた石田先生に感謝します、また次回の勉強会を楽しみにしつつ日々自分を成長させていきたいと思います。 金城翔平

 研修を受けての今の率直な感想は、「なんておもしろいのだろう!」という気持ちでした。仕事だけではなく、子どもの教育や自分の日常にも取り入れられるという事を知り、ますます興味が沸いています。 部下の教育にしろ、自分の仕事にしろ、人ができない事には理由があり、それは「やり方がわからない」と「分かっていても継続する事ができない」というものでした。事前に読ませていただいた本でも学んだ事ですが、改めてそうだなぁと実感しました。特に自分のプライベートの事に関しては、恥ずかしいくらい「できない」事がたくさんあって、何をするにも、初めは「やるぞ!」という意気込みやる気でいっぱいなのですが、時間が経つにつれそれがだんだんできなくなってしまい、これを何度も繰り返し経験してしまうと「どうせ自分には無理だな」と何でも簡単に諦めてしまうようになっていたと思います。それは自分の性格が関係していて、とても飽きやすい性格なのだと勝手に分析していたのですが、今回学んだ事に当てはめると、それは性格などではなく、やり方や継続の仕方が分からなかっただけだと思うと、今まで繰り返し途中で挫折してしまったことも、具体的に行動を分解して、それをチェックリスト化して行っていけば、こんな自分でも何か一つの事を成し遂げられるのではないかと、すごくワクワクしています。まずは、今自分が行っている業務をMORSの原則にもとづいて具体的におとし、誰がみても同じ結果が得られるように進めていきたいと思います。そして、石田社長がおっしゃっていた、イチローや羽生さんのように、毎日平凡なことをコツコツ続けていき、いつの日かそれが非凡な事になるようにしていきたいと思います。今回の研修を受け、私にはまだまだ学ぶ事がたくさんあり、また同時にそれはとても有難い事なのだという事も教えて頂きました。貴重な時間を作ってくださった石田社長、中村社長に感謝しています。 上間梨奈

第1回行動科学のマネジメントを終えての感想は、はじめは難しい勉強会なのかなと思っていたのですが、はじまってみると楽しく、聞きやすく5時間という長い時間でしたがすごく短く感じられました。たぶん初めの自己紹介がすべてのカギを握っていたのかなと思います。内容としては、今までスタッフに教えているつもりで話している言葉一つ一つが全く使ってはいけない(モチベーションをさげる)言葉だったと知りすごく反省しています。やる気あるのか?とか、常識だろとか何度もいっていたような気がします。深く考えると、それは、誰の常識なのか(形がみえない)とかやる気はあるはずだがやり方が分からない為にできない(頭ごなしに言われると反論できない)など全く解決にもならなく、もっと行動する言葉に気を使って誰に言っても誰にさせてもわかるように細かくくだいていかないといけないということを勉強させていただきました。自分の頭の中でだけ理解してて相手には全く伝わっていないというような事を起こさないようにもっと考えて行動しようと思います。MORSの原則(計測できる:教えることができる行動、観察できる:見ることができる行動、信頼できる:3人以上が同意できる行動、明確化:誰が何をどうするか)をまずは頭にいれて、行動をおこすまえに、先行条件と結果どうなるを考えただなんとなくの感覚での教えではなく、ことこまかく、簡単にわかりやすく、どのスタッフに言っても新垣さんが言うことわかりやすくて、やりやすいといってもらえるような言葉がみんなからもらえるように行動をかえていこうと思いました。またこれから、第二回、三回とつずいていきますがとてもたのしみにしています。 新垣善成

今回東京から本を書いている石田先生が来るという事自体がビックリでした。事前に行動科学の
本を読んでいた事もあり、最初見たときに、まず「本の表紙にのっていた人だ」というのが第一印
象でした。最初行動科学の話を始めるのかなと思っていたら、自己紹介が始まってビックリ、しか
も自分のプライベートな事を取り入れて喋るといういままでやったことの無い勉強会のスタートで
した。全員の自己紹介が終わりついに本題の行動科学に入っていきました。まず石田先生は人
が出来ない理由について二つあり、一つ目がやり方自体が分からない、二つ目がやり方は分か
っているが継続できない事の二つだと話していました。分からない場合はチェックリストなどを作り
視覚化したり、行動を文章にしてみたり始めての人が見ても出来る様にする事が大事だと話して
いました。そして、行動を分析、分解、言語化するとも話していてその言語の部分を掘り下げ具
体的に話すとおっしゃっていました。行動を分解する問題を行ってみていままで自分がいかにア
バウトに話していたか、そして相手に伝わりづらかったかが少しずつ見えてきました。テキストに
問題が付いていて、次はMORSの原則の問題ページをやってみると何個かは実際に自分が使
った事がある言葉などがあり、具体的に話すには何が足りなかったかなどが少しずつ見えてきて
かなり実になりました。少しずつ理解し始めたところで次に教えてもらったのが先行条件、行動、
結果の問題で今までの考え方は先行条件だけでは続けられない。結果でほぼ決まると聞いてま
たビックリしました。全員で参加できる勉強会で楽しくできたので次回も楽しみにしています。 喜屋武勇太

全く本の内容通りで非常にわかりやすい内容でした。今まで自分がやってきた事の間違いに気
付く事ができました。また5時間という長い研修にあたり、グループディスカッションなどを取り入
れ退屈しない楽しい時間を過ごすことができました。根本的な考え方は単純明快で、難しい言葉
も特になく共感を得る部分が多かったです。また研修が終わってすぐにでも始められるのも良か
った事の1つです。今まで仕事が出来ないスタッフに対して研修で行ったような感じで考えた事
はなく、自分の考え方を根本から覆されたような感じでした。ただそのことに対して違和感は無く
よくよく考えてみると理にかなっているように思えてきました。常に相手の立場になって考えるとい
う事、教える側にも理解が必要という事が大切なのに気付きました。今回の研修で学んだ事は人
ができない理由として、やり方自体がわからないという事、わかっていても継続する事ができない
という事。その際は結果に直結している行動を分解・言葉化し、チェックリストなどを利用して反復
トレーニングさせるという事です。教えるという行動の中にこんなに細かく工程がある事はまず気
付かないと思います。そういう意味では教える側にも努力が必要だと感じます。言葉だけでなく、
目で見てわかるような「見える化」やできた時は必ず「褒める」ということが重要だと思います。バ
ブルがはじけて先が見えない世の中で企業が生き残っていくためには、利益は大事ですがスタ
ッフが働ける環境作りも大切だと思います。 新門正樹

今回、行動科学研修をうけて始まる前は正直どんな勉強を5時間するのだろう?と
思っていました。研修をはじめて行くにしたがって、とても楽しく頭を使いながらあっ
という間の5時間でした。この研修の中から日常生活している上で大切なことを
学べました、とても感謝します。“あたりまえ”といままで思っていたことがたくさん
自分の中にあるということを気づかされました。特に子育てをしている中で言って
はいけないことを自分がしていたということ、これから子供を育てていく中で改善を
して少しずつ結果がでるようにセルフマネージメントをしていこうと思います。
仕事の中では、まずは感謝の言葉をできるだけ多く書いていけるように継続します
1人でも多く“仕事のできる人”(Want to)に楽しみながら仕事をして行けるような
労働環境を私達社員が作っていけるように行動していきたいと思います。
又、第2回を楽しみにしています。 宮良さつき

 今回の行動科学研修を受けて、人や仕事に対して上手くいかない時の原因を求める視点が
変わった気がします。以前にも「変源自在」という言葉を聞き、まずは自分の考え方、原因の求め
方を変えなければ、他人は変わらない事を知ってはいました。今回の行動科学研修の中では、
科学的に行動を捉え、真因に対して再現性の高い手段での解決法を知ることができ、それは自
分自身の中でも腑におちる事が多く、実際に試してみたいと思うものでした。
実際、当たり前と思っていることを出来ないスタッフがいると、常識で考えたらわかることじゃない
かと思っていました。なぜ出来ないのかを深く考えることはせず、本人の意識の問題だと考え、
注意をしていました。今後は本人が具体的にどのような行動をすればよいかを伝え、どのように
継続させるかを考えた上で話が出来るようにしたいと思います。
 まだ第一回で、少しの変化だとは思いますが、行動科学研修の回数を重ねる度に、まず自分
が変われるように目標を持って、研修に望みたいと思います。 石垣信比古

まずはじめに、今回の研修に参加させてもらった事に講師をしていただいた石田様に感謝の気持と、私達はとても「ラッキー」だなと感じました。ふつうなら「あぁー研修かー」とその場だけで終わってしまうのに、今回の研修はとても納得する場面があり朝早くから始ったにもかかわらずかなり集中してお話を聞かせていただきました。 私はアルバイトスタッフと現場で作業することが多いのですが、いつも「どのように説明すればわかりやすいのかな?」と考えながら話していくうちについつい「長ばなし」になってしまっていました。逆に話が長いと思われてはいけないとかいつまんで話すと自分が望んでいる結果が得られない。という事を繰り返していました。今回の研修で一番勉強になったことは『こうやってやる・これ以上しなくてもいい。という事を明確にする』ということでした。優先順位を決めるということはなんとなく今まで行ってきていたと思うのですが、「何をしないのか」まで考えて行動した事がありませんでした。逆に自分がこのような説明や指導を受けた場合はとてもわかりやすいなと感じたからです。自分の行動もこれをやってこれはやらない、と決めておけば仕事に集中できるなと思いました。早速自分の行動も優先順位を決め、やることとやらない事を決めて実行していきます。もう一つは重要なことは「MORSの原則」でした。今まで普通に会話していた内容がいかに具体的じゃなかったのかがとてもわかりました。よくお店に来る中学校や高校のインターンシップの子供たちに説明をする時に同じような事をしているなと気づきました。月に1~2校インターンシップを受け入れていて簡単な作業のお手伝いをしてもらう時に「ここに道具があって、これをこう使ってこのような状態にして下さい」何もわかるはずのない生徒たちに説明しているのでこれを自分のスタッフ向けに改良していくととてもいい改善になるのではないかと模索中です。あとはいかに継続するために「自らすすんでやりたい」と思わせるかがポイントなんだと今の大きな課題です。 松本真弓

前回に「やる気をだせと言ってはいけない」を読んでおり、今回の勉強会はとても楽しみにしていました。著者である石田先生の話はとても分かりやすく、5時間という時間がとても短く感じました。
ひとつの行動を教えるにも教わる側の人にレベルを合わせて教えなければまったく意味がない。一つの行動を分解して教えるにもその行動1つ1つを誰が見てもわかるようにしなければ伝わらないことを学ぶことができました。行動はより具体的にMORSの原則を用いて行っていくこと。Measured(計測できる)Observable(観察できる)、Reliable(信頼できる)、Specific(明確化)の4つを学ぶことでこれからの自分の行動や他のスタッフに対しての指示の仕方や仕事内容を伝えるのに大きく役立ってくるとおもいます。あと、先行条件(目的)は行動を継続させる割合が0~20%しか影響がなく、結果のほうが80~100%も行動の継続に大きく関わってくるも大変勉強になりました。実際にABCモデル分析を行い、人はすぐに結果につながることでないと継続ができない。自分の今まで決めたことが続かなかったのもこのABCモデル分析で本当の原因を知ることができたと感じました。先行条件だけに焦点があたりすぎており、実際に行動をしたらどのような結果を得られるかがブレていました。今後はこのABC分析を用いて、自分の行動や計画を立てていけるようにABCモデル分析を活用できるように少しづつ実践に取り入れマスターできるようにしていきます。今回は、久しぶりに自分の中で衝撃が走るぐらいとても感銘をうけました。今度、勉強会でも少しでも多くのことを学び、自分の成長、スタッフの成長に活かしていきます。 泰山悟

カテゴリ:当社の取り組み

カテゴリ別

月別過去記事一覧