犬、猫、小動物、熱帯魚などの生体、用品販売のオールペットの専門店です。

  Home    News   平 博先生の新人社員研修会B日程に行ってきました。

平 博先生の新人社員研修会B日程に行ってきました。

2009年4月23日

研修を受ける前にすでに緊張している三人

(左)北谷店 山内公一郎  (中央)那覇店 金城翔平  (右)北谷店 喜屋武勇太

平成21年4月7、8日の二日間、噂の「平塾」に今回はこの3名で参加しました。

すでにこの研修を受けていた先輩達から話を聞いていた研修だったので、緊張と不安でいっぱいの3人・・・。

11時になりついに研修がスタート!

最初は「恐怖の研修」というイメージをもっていたのですが、始まって30分後にはもう話に夢中になっていました。

 「講演会」ではなく「研修」という名の通り全員に役割が与えられていて、聞くだけと実際行う事はここまで覚え方が違うんだと気付きました。

そしてあっという間に夜の11時になり一日目の日程が終わりました。けどここからが「寝れない研修」と呼ばれる理由。

宿題がでてそれを翌日の朝までに仕上げるのですが、それがレポートを書きっぱなしでぎりぎり次の日に間に合うかどうかなのでもちろん眠らず二日目に突入!

二日目の研修はさすがに睡魔に襲われる場面もありましたが、それでも必死に研修を受けるという気持ちがあったので、最後まで充実した研修でした。

◆喜屋武勇太◆

学んだ点:普段自分がどれだけ自分勝手で相手様に感謝の気持ちを忘れているか、すごく気づ
きました。お客様に商品を買っていただいているという気持ち、会社に働かせてもらっているとい
う気持ち、社長を始め、スタッフへの感謝が足りなかったと気づきました。世の中には得する人と
損する人の二つの人があり、得する人になろうと心から決めました。普段使っている敬語と勘違
いしていた言葉は敬語ではなかった事も驚き、これから学んでいきます。
取り入れた事・行動したいこと:①社内に「よ・い・お・あ・し・す」を入れ込む。②声を出すときは一
番大きい声を出す。③合掌を入れ込む
感想:今回の研修は事前に研修を受けた先輩方から話を聞いていて、「夜は眠れない」「すごく
きつい」などあまり「行きたい!」と思えなかったのが最初の考えでした。実際に研修が始まり話を
聞いていくうちに引き込まれ、気づいたら話を夢中で聞いている自分がいました。名刺交換のや
り方言葉の使い方など実践的な事の勉強はもちろんだったのですが、仕事に関する考え方、心
のあり方、感謝の大切さなど精神的な部分の勉強が楽しく、また勉強になりました。感謝してそれ
を相手様に伝える事、それを行動にすぐ移すことがすごく大事だなと気づきました。肉体的、精
神的に追い込まれ、普通に生活していると気づけないことに気づかせてもらえた研修でした。普
段食べているご飯もただ食べるのではなく、感謝の気持ちをもって頂くと、好き、嫌いなど言って
いる場合ではない、食べられることに感謝しなければと思えるようになりました。研修最終日に気
の実験を行うという事でその実験に参加させてもらえたのですが、「気」というものに始めて触れ
て驚きの連続でした。しかも最後に平さんの本も頂くことができて本当にありがとうございます。
今回の研修を受け自分がいかに周りから与えてもらっているか気づき、今回の研修はそこに気
づくために行かせてもらえたのではないかと感じました。行動に移さないと意味がないのでこれか
ら研修で学んだ事をすべて出し切り実にしていきます。最後に今回の研修に参加する機会を与
えてくれた社長、研修を行ってくれた平さん、日本合理化協会の園部さん、外池さん、一緒に受
けた皆様、自分がいない間働いてくれていたスタッフの皆様本当にありがとうございました、勉強
になりました。

◆山内公一郎◆

学んだ点:人はなぜ産まれ働くのかを学びました。人のため・ 組織のため・社会のために働くのであって自分さえ良ければいいというような自己中心的な考えで生きてはダメだとわかりました。社会人はルールを守り、モラルを持つ事が大事だと学びました。人格者は「挨拶」「笑顔」「気づかい」ができないとダメだと学びました。創業の精神を学ぶことができました。
取りいれること(行動)挨拶を徹底し率先してより一層元気よく明るい声で行います。アメリカ人にも負けない笑顔を出せるようにし、自分が笑うだけで周りのムードが明るくなるような笑顔を行います。スタッフの体調の変化やスタッフの身内にも気を配れるようにします。部下さんのミスは自分のもん・上司の手柄は部下さんのもん。を心に刻み相手に尽くしていける人間になります。
感想:中村社長には毎回、心に残る研修を受けさせてもらい本当に感謝しています。今回の研修も、先にこの研修を受けてきた先輩や上司からは、とてもきついよ!ということを聞いていたので正直あまり気が進まなかったのですが、実際に受けてみると寝るのも惜しいくらいの凄く自分の身になる内容の研修で、2日目もあっという間に終わってしまった感じでした。人間はなぜ産まれ生きていかなければならないのかというような根本的な考えから学ぶことができて本当に幸せでした。この研修を受ける上で自分のダメなところに沢山気付かされ、やっぱり自分はダメなのか...と落ち込んでいても自分にも出来る会社での作業・仕事がある事も学べ、本当に実りのある内容でした。「労務管理」人をやる気にさせる・充実感を与えれる人・評価の仕方が上手な人に慣れるようより一層自分の心を磨いていきます。そして平先生には最後に本まで頂くことができました。お客様からのクレームを上手に対応できるような人間になれるよう大事に読まさせて頂きます。本当にありがとうございましした。そして、この研修を受けれるような環境を与えてくれた、中村社長には行動で感謝を表すことができるよう、より一層仕事に励んでいきます。本当にありがとうございました。

◆金城翔平◆

今回私は入社して初めての出張へ行かせていただきました。その内容はというと、初日は東京都内のペットショップの視察でした、昔からペットショップを見てまわるのが大好きだったのですごく楽しみで、やはりどのショップもレベルが高く我が社では行っていないような取り組みや、見たことが無い商品などもたくさんあり、「まだまだうちはやるべき事がたくさんあるな」と実感しました。
他にも何か勉強できないかと思い店員さんに話しかけてみるとすごく丁寧に接客してくれて、気配りもバッチリでした!接客の方もまだまだ見習わねば...と心に思った一日でした。
翌日は待ちに待った鬼の 平 博  先生が指導する平塾でした。毎年我が社の社員が受講させていただいているのですが、どの人も口をそろえて「とてもしんどかった」と言って様々な体験を話してくれました。自分はそんな皆さんの体験談を聞いていたので「どんなハードな内容なんだろう、めっちゃ怖い!」と正直行きたくない気持ちの方が大きかったです。しかしそう思う反面、「自分が何処までやれるのか試してみたい」や「これを乗り越えるときっと大きく成長できるだろう」
などといった楽しみにしている気持ちも大きかったです。
 実際に対面してみると、平先生やはりすごく迫力があり、話をしているだけで気迫がビシビシと伝わってきました。特に私は怒られたり、注意されることは無かったのですが、他の受講生は社会人になりたての方が多く、ものすごい迫力で怒られたり、注意されたりしていました。しかし、注意をするにしても、すごく思いやりを感じ、「本気で相手の事を思って叱っているのだな~」と思えました。詳しい内容は話せませんが、寝る時間はまず無く、29時間不眠不休の地獄のような研修でした。ですが、実際に研修を受けて私は内容がとても勉強になるし、自信も付き、そして大きく成長できたと思いました。一語一句聞き逃すのがもったいなく思えて、ほとんど眠気はしませんでした。最後には平先生から直筆の言葉と本も頂き、本当に充実した研修でした。最後に、初日に東京を案内してくれた隅田さん、駅まで送っていただいた園部さん、研修へ行かせていただいた中村社長、出張中お店を支えてくれたスタッフの皆さん、講師をしていただいた平先生、全ての方々に感謝します!

思い出の一枚

普段経験できないことをさせてもらい、とても内容の濃い二日間でした。

この経験を生かして皆に少しずつでも恩返ししていきます。

今回研修に行く機会を与えて頂いた中村社長様、スタッフの皆様、

本当にありがとうございました。

カテゴリ:当社の取り組み

カテゴリ別

月別過去記事一覧