犬、猫、小動物、熱帯魚などの生体、用品販売のオールペットの専門店です。

  Home    News   ジャパンペットフェアーに行ってきました

ジャパンペットフェアーに行ってきました

2009年4月7日

ジャパンペットフェアーとは?


ジャパンペットフェアーとは2年に一度開かれるペットの一大イベントです!国内外のペットメーカーが自社の商品を幅広くアピールすることができるため、総力を上げて挑んできます!新商品の発表はもちろん、参加者にしかでない激安特価条件など特典いっぱいのペットイベントです!今回は山城、新垣が店舗代表として参加しました!






朝一番の飛行機に乗り会場のパシフィコ横浜に到着!慣れない電車を乗り継いだため、道に迷ってしまいました





会場はこんな感じ。とにかく広い!隅々まで見るのは本当に大変でした・・・・





なんと!このワンちゃんの着ている服はウン千万円するそうです!うらやましい!


↓ジャパンペットフェアーに参加しての感想↓


北谷店副店長 新垣 善成


学んだこと:各メーカーごとにブースがたくさんありレイアウト展示などもたくさんありました。魚の展示レイアウトをはじめ水草のレイアウト水槽の展示、金魚や錦鯉などの展示レイアウトもありました。また、小動物や昆虫のレイアウトもあり店でのレイアウトのやり方の勉強になりました。各メーカーのブースでもおすすめしたい商品をうまくレイアウトすることによりお客様の目を引いていました。一番勉強になったことは、見たことのない商材の多さとメーカーさんの商品に対する説明力には圧倒されました。十分の一でもその説明力を盗めば、売り場でのお客様に対する接客にいかせるなと思いました。後は自分で仕入れを起こしてきた商材が何点かあるのでお客様へうまくアピールしていきたいと思います。


取り入れたこと(行動したいこと):①気になる商材の見積もり依頼から定番化 ②金魚・メダカのエンド展開とインテリア小型水槽の売り出し ③ カタログの整理


感想:今回の展示会はアクアメーカーが多いということですごく楽しみにしていました。会場入りすると生体の展示ブースがあったりレイアウトの展示ブースがあったりとすごくきれいに展示されていました。商品ブースでもおすすめの商品がうまく展示されていてメーカーさんの説明もすごく勉強になりましたしカタログでしか見たことのない商品や今から発売される商品などたくさん見れて良かったです。今回は時間がなく早足での見学になったのですが、次回は一般のお客様も入れる日に合わせて売り手側と買い手側の両方からの目線で見てみたいと思いました。最後に今回このような機会を与えていただいた中村社長と売り場の皆さん本当にありがとうございました。



那覇店店長 山城 尚司


学んだこと:今回は初めて自分たちの足でイベント会場に行き、自分たちの目と責任で商品を選び買い付けるという、正にバイヤー的な仕事をしてきました。バイヤーのバの字も知らない私は、最初、ブースにいる各メーカー担当者にどう声をかけていいのかすら分からず、時間を無駄にしてしまいました。そのうちにコツをつかみどんどんメーカーさんに声をかけ、商品のことを質問し、気に入ったものはその場で買い付けることもできました、それだけでも自分の中では成長できたと思います


取り入れたこと:①たくさんのメーカーさんから良い商品のカタログをいただきました、その商品を一日でも早く店頭に並べることができるようにします


感想:まずはじめにこのようなチャンスを与えてくれた会社と、不在の間、お店で頑張ってくれたスタッフに感謝したいと思います「ありがとうございました」今回は時間が少なく、満足いくまですべてを見ることはできませんでしたが、あの場所にいて仕事ができたことが本当に楽しかったです。自分がいけると思った商品を責任もって購入するということは、売り場での商品に対する気持ちが全然違うのだろうなと感じました、やはり自分が仕入れた商品は何が何でも売りたいと思うので、レイアウトの方法や価格の付け方などとにかくいろいろなことを想像しながら商品を決めました。責任をもって購入するということはこんなにも商品に対しての愛情が増すものなんだなとつくづく感じました。お店に帰ったらすぐにでも商品を発注し、お客様に自信を持ってアピールしたいと思います。


カテゴリ:当社の取り組み

カテゴリ別

月別過去記事一覧