犬、猫、小動物、熱帯魚などの生体、用品販売のオールペットの専門店です。

  Home    News   ちゃたん経営塾~第5、6回~

ちゃたん経営塾~第5、6回~

2008年8月29日




ちゃたんの経営塾~第5、6回~


第5回、8月26日(火)「ランチェスター経営戦略、経営の構成要因と業績との関係」、第6回、28(木)「ランチェスター経営戦略企業訪問」のテーマに勉強してきました。

第5回 感想文



今回はランチェスターを学びました。といってもまだまだ初級編でランチェスターのラの字もいってない程度なのですがいろいろとがんばって勉強してきました。ランチェスターという単語は今までに何度か聞いたことはあったもののまったく意味はわかりませんでした、なにか難しいビジネス用語だと思っていました。今回、このランチェスターを初めて学んだのですが、本当に目から鱗でとてもわかりやすく経営というものを分析しているのだなと感じました。當山先生いわく、「経営はとても質が高いので容易に説明できないし、イメージしにくい」とのこと、これをわかりやすく数値化して経営の全体像の中から、どこにウェイトを置くべきか?どこが一番重要なのか?を具体的に数値化していました。経営を行う上で一番重要なのはやはりお客様です。これは数値化しなくてもだいたい予想できることなのですが、では経営に占める割合はどれくらいなのか?というところまで勉強できるのです!答えは53%、やっぱり大きなウェイトを占めていました。市場にはお客様とライバル(競合)しかいないとよく言いますが、まったくその通りだと確信しました、仕事の目的はお客様を作ることです、そのために良い商品を仕入れて販売します、もちろん接客や知識などのスキルも重要です、また立地条件などの環境も大切です、大事なことを挙げていけばきりがないのですが、何を一番中心に考えるかをランチェスターというフィルターを通して今から知ることができると思います。今後がとても楽しみな研修です、たくさん学び、どんどんお客様に喜んでもらえる仕事をしたいと思います。


                                            山城尚司(那覇店店長)




石川市にある訪問先の美容室、「スイートハンズ」さんです!シックな色使いの概観でオシャレなお店でした☆☆




スイートハンズの上地社長と2ショット!たくさんいいお話を聞くことができました。ありがとうございます!

第6回感想文


今回はランチェスターの戦略をいかして大成功している美容室「sweet hands」に企業訪問に行ってきました。社長の上地さんは私と同じ読谷出身ということもあり非常に関心が強く、どのような経営をされているのかすごく興味がありました。(ちなみに我らが講師、當山先生も読谷に住んでいます)北谷からバスで30分もかからない場所、石川にsweet handsはあります。入口はシック色合いの落ち着いた感じで、見ているだけで癒される感じがしました、店内に入ると上地社長はじめ従業員さんが笑顔で迎えてくれました。店内はきれいにされていて、特に驚いたのが、ガラスです!店内にはガラスが20枚あったのですがどれもピカピカに磨かれていて、環境整備で毎日ガラスを磨いている私には、これだけきれいにすることの大変さが少しはわかるので、「このお店タダ者じゃない」と直感的に感じました。10分程店内を見させていただいた後、上地社長のランチェスターについてまさに実践してきた話を聞くことができました。当初は都心部にお店を開こうと考えていましたが、ランチェスター戦略の「戦わずして勝つ」ために徹底的に地域性を分析、検証しこの場所に決めたそうです、オープンするまでのDMの配り方や、どの範囲まで商圏にしたほうがいいか?お客様や従業員との関わり方、などたくさんのいいお話を聞くことができまた。やはり話で聞くより、実際に現場にいって、実際に経験してきた人間の話を聞くのはまさに「百聞は一見にしかず」でした。たくさんパクれる内容もあったので実行に移したいと思います。最後に、経営で一番大切なのは「人間力」です!技術だけでは企業は成長しません!


                                           山城尚司(那覇店店長)

カテゴリ:当社の取り組み

カテゴリ別

月別過去記事一覧