犬、猫、小動物、熱帯魚などの生体、用品販売のオールペットの専門店です。

  Home    News   平 博先生の新人社員研修会A日程に行ってきました。

平 博先生の新人社員研修会A日程に行ってきました。

2009年4月13日

今年も新人社員研修に行ってきました!!

(左)那覇店 新門 正樹   (中央)管理部 石垣 信比古  (右)那覇店 名嘉座 洋和

平成21年3月27日から翌28日の二日間、恒例の通称「平塾」にこの3名が参加しました。

初日は午前11:00スタート

以前より「キツイ」「眠れない」など聞いていたため、かなり緊張して平先生を迎えました。

いざ始まってみると話に引き込まれ、時間が短く感じるような講義でした。

決して聞くだけの受身的なものではなく、行動を起こす役割を全員に与える工夫がされていたりして、聞きながらも周囲に気を配るような仕組みになっているように感じました。

講義は21:30くらいには終了しましたが、ここから翌日へ向けての宿題をすることに…

まさに「眠れない」状況になりました。というのも、盛り沢山の講義内容を振り返ってまとめるには時間がなさ過ぎました。 半分以上の参加者がそのまま2日目に突入…

2日目も盛り沢山の講義内容で、一気に16:00の終了までいきました。

さすがに2日目は気を抜くと睡魔に襲われる、自分との戦いの時間でもありました。

講義中ではありません。自由時間ですが… そして朝になりました

感想

◆石垣 信比古◆

研修内容は社会人としての心構えや礼儀作法、ひいては接客時・クレーム時の対応の仕方など、実際、平先生が一軒の焼鳥屋から一部上場企業にまで登ってきた血と汗のにじむような経験から語られる生々しい体験談がベースになっている、成功のためのノウハウを受講者に伝授しようというものでした。

そのため平先生の熱意は尋常ではなく、ときに聞く姿勢のなってない受講者には真剣に叱り、また楽しく場を盛り上げ、受講者に伝えたいという配慮がとても感じられました。そのためか長い初日の11時間が本当に短く感じました。

しかし、その日の最後に一日のまとめのレポートを提出する課題がでましたが、内容がとても充実したものであったため、レポートをまとめるのはかなりの時間と労力をようするもので、翌日の講義までというタイムリミットギリギリにまで及ぶものでした。正直、2日で習うには量・質ともに多すぎるような受講内容だと感じました。

◆新門 正樹◆

 

 

新入社員研修だけあって受講者は
若い方が多く、まだ現場に出ていない方もいました。内容は新入社員になるにあたって心構えや礼儀、相手に対する思いやりや忍耐力を養うなど、専門的なことは一切教えず、むしろ社会人として当たり前のことを学ぶ研修でした。レポート提出などが一番大変でしたが終わってしまえばとても達成感を感じ自分の身になったのだと感じました。食事の際もすべての生物に感謝の意を忘れずいただくというのはあまり経験しないことでした。平先生はユニークかつ熱い方で思いが相手に伝わる力のある講義をされ、心を打たれた生徒も多かったと思います。今回の出張は大変でしたが確実に自分にプラスになったと感じます。

◆名嘉座 洋和◆

今回、あの鬼の平先生の、新人社員研修に行くと聞いたとき、正直気が進むものでは、ありませんでした。 ただ実際に行ってみると、きついというよりは、納得してしまうことばかりを教えられました。他の参加者のほとんどが学生を卒業したばかりで、その方たちは、最初はきつかったかもしれません。自分のようにいったん社会にでたものにとっては、本当に勉強になりました。やはりいろいろ経験があるだけに、本当にためになりました。さすがに2日目の4時頃は全員限界に近づき、足もがくがくしてきましたが、グループワークがほとんどだったため、初めて会った人々とは思えない程に一体感が湧いてきました。わずか2日間でしたが、自分の人生観が変わる研修でした。

 

 

 

 
 
 

 

 
 
 

 

受講後の平先生との一枚

今回の研修は参加した受講生の方たち、講師・スタッフの方たちに恵まれ(本当に良い方ばかりでした)、充実した2日間でした。この研修で学んだ仕事に対する姿勢をまず率先垂範で行って、また他のスタッフにも伝えていきたいと思います。
今回、研修に行く機会を与えて頂いた中村社長をはじめスタッフの皆さん、有難うございました。

カテゴリ:当社の取り組み

カテゴリ別

月別過去記事一覧